今まで懸賞に応募して当たった中で一番の思い出について

今から15年以上前に私が懸賞で大好きなお笑い芸人さんの漫才総集編ビデオを当てた話です。私はこれまであまり懸賞に当たった事が無いのですが、本当に欲しいと思った物ならハガキに情熱をぶつければ当たるんだと嬉しくなったのでそれについて書きたいと思います。

懸賞に応募しようと思ったきっかけについて

私は、1999年から始まったNHKの爆笑オンエアバトルという番組の大ファンでした。今テレビで活躍している有名芸人がコントや漫才を疲労していた番組で、私は毎週土曜日深夜に夢中になってみていました。色々な素敵な芸人さんがいましたが、その中でも特にますだおかださんが大好きでビデオに録画して何度も繰り返し漫才を見るほどでした。そんな時、祖父が買っていた雑誌NHKウイークリーステラに爆笑オンエアバトルますだおかだ編のビデオが当たる懸賞が載っていたページを読み驚きました。確か10名様にプレゼントだったと思います。当時ますだおかださんの人気はものすごく、当たるのは難しいだろうと思いましたがそれでも絶対に欲しかったので応募する事を決めました。

ハガキに自分の思いをぶつけて応募しました

懸賞に応募する方法ですが、ハガキに住所と氏名を書くだけで条件等は特にありませんでした。絶対に懸賞に当たりたい、でもただ住所と氏名を書くだけでは目立たないからダメだろうと思った私はとにかくますだおかださんへの思いをひたすらハガキに書く事にしました。今まで漫才をきちんと見た事が無かったけどますだおかださんの漫才を見て初めて漫才そのものを好きになった事やますだおかださんが出ている時は必ずオンエアバトルを見て録画している事等ありったけの思いをぶつけて書いた事を覚えています。当時私はまだ学生だったのでハガキ代を無駄にしないように一度文章を下書きしてから丁寧に書いた記憶があります。後悔しないと思えるほどの思いをぶつけたハガキをポストに投函しました。

本当に当たって舞い上がるほど嬉しかったです

ハガキを出してから数ヶ月後だったと思います。当選発表が載っているNHKウイークリーステラを祖父と一緒にドキドキしながら見ました。そこには何と私の名前が載っていたのです。本当に舞い上がるほど嬉しくて大きな声ではしゃいでしまいました。普段あまり大きな声を出さないので父や母、祖母もびっくりしていました。もちろん祖父は一緒に喜んでくれました。それも嬉しかったです。
届いたビデオには下の方に「PRESENT」と印刷された金色のシールが貼ってありました。それを見て「本当に当たったんだ」と胸がいっぱいになったのを覚えています。ますだおかださんの漫才をキレイな画像で見れて嬉しかったのはもちろん、岡田カラまわり集等の特典映像まであって見応え抜群でした。ビデオなので見すぎると画像が劣化してしまうので今はとっておきの時のみ見るようにして大事に保存しています。宝物なので一生大事にします。

懸賞で絶対にほしいと思うものを見つけたら自分のありったけの思いを全力で書く事をおすすめします。それ以外の懸賞にも何度か応募しましたが、情熱が足りなかったのか当たりませんでした。懸賞にも情熱が大事だと思うので、絶対に欲しいものは後悔しないと思えるまで文章を練ってから応募するようにしましょう。