お酒のキャンペーンに応募したら当選しました

私は以前、お酒のキャンペーンに時々、応募していました。
当選しないときもあるのですが、当選する時はかなり良い商品が送られてきました。

たいていは新発売のお酒が多いので、店頭に並ぶ前に、先取りして新しいお酒を飲むことができて嬉しいです。

ビールが24本当たったことがありました

ビールのキャンペーンは良く応募していたのですが、たいていは当たっても缶ビールが1〜2本です。
それだけでも十分嬉しいのですが、一回だけ24本当たったことがありました。

24本なので、大きな箱に入っていました。
宅配便が届いた時、大きくて重い箱を配達の人が持っていたので、最初はなんだろうと思いました。

キャンペーンは配達されて初めて当選したことが分かりますし、忘れた頃にやってくるので予想がつきません。
ちょっとした嬉しいサプライズも、キャンペーンの醍醐味なのかもしれません。

新発売のビールだったので、パッケージを見ても初めて見る印象でした。
しかし、味はとても美味しかったのを今でも覚えています。

高価なウイスキーが当たりました

過去に一度だけ、キャンペーンで高価なウィスキーが当たったことがありました。
このときも少し大きめの思い荷物が配達されてきました。

ワレモノ注意のシールが貼られていたので、丁寧に箱を開けてみました。
すると、そこには新発売の瓶入りのウイスキーが1本と、それに合う大きなグラスがセットで入っていました。

箱も金色で豪華な感じで、さらにウィスキーの良さが表れているようでした。
ウィスキーはお酒の中でも好きな種類だったので、この時はかなり嬉しく感じました。

そのお酒は記念発売のような感じだったので、その後もあまり店頭で見かけることはありませんでした。
かなりプレミアな感じがして、とても良い商品が当たったと嬉しく思いました。

映画の鑑賞券が何度か当たりました

私は地元のテレビ局のキャンペーンで、何度か映画の鑑賞券に応募したことがあります。
以前は1年に1回程度、映画の鑑賞券が当たっていたので、それで映画を観に行ったことが何度かありました。

自分でお金を払って映画を観る時は、自分の好みの映画を選びます。
しかし、鑑賞券の場合はすでに観る映画が決まっています。

仮にそれほど興味がない映画の鑑賞券でも、それをきっかけに映画を観ることができます。
そのため、新たな世界が広がって、それをきっかけにいろいろな映画を観ることもあります。

映画の鑑賞券は話題作が多いので、ほぼ観て良かったと思うものばかりです。
また、試写会の鑑賞券が当たった時は、スポンサーからちょっとした景品を頂くこともあり、これも嬉しかったです。

懸賞やキャンペーンは応募しても必ず当たるというものではありません。
しかし、当たりやすい懸賞やキャンペーンもあります。

対象者が多すぎるものは仮に当選者が多くても、当たる確率は少なくなってしまいます。
対象者が少なく、ある程度の当選者数があれな、比較的当たりやすいのかもしれません。

インターネットで応募できるものは無料のものも多いので、気になるものがあれば、まずは応募してみるのも良いのではないでしょうか。