地元の懸賞は当たりやすくてかなりお勧めです。

懸賞というのは、商品を無料でもらえるとてもお得なものです。
応募方法も、インターネットで手軽にできるものが多いのでとても人気がありますが、なかなか当選しないのが現実です。
当選確率を少しでも上げるために、とても簡単な方法があります。

あなどってはいけない地元の情報誌

テレビCMや雑誌などに紹介されている懸賞は、全国の人が目にします。
全国ネットで宣伝している分、その商品を「欲しい」と思って懸賞に応募する人は、全国各地にいますので、どうしても応募者数が多くなってしまいます。
でも懸賞品の当選者は、その全国から応募された中の、ほんのわずかな人たちだけです。
1名だけしか当選しない物もあるし、数百名当選する物もあります。
数百名当選するとしても、応募人数が多いためかなりの競争率となってしまいます。
今までに何度応募しても、一度も当選したことがないという人は、そのような競争率の高い懸賞に応募している人が多いと思います。

高額な商品や新製品ほど、当選率は低い

当然のことですが、スポンサー側も高額の標品を懸賞品にするときには、たくさんの数を用意できません。
たとえば、8K液晶テレビなどは、一台でも数十万します。
旅行券なども、10万円の物を数本提供してくれるスポンサーは殆どありません。
それらの高額商品は、「当選者1名」というのが現実です。

その1名の座をかけて、全国から何万通という応募がくるのですから、なかなか当選しないのも無理はありません。

一方、比較的低価格な商品は、スポンサーからの提供数も多くなってきます。
たとえば洗剤、ヘアケア用品、調味料などです。
これらは、一つの単価もそれほど高くないし、「試供品」程度の内容量の少ないものを、数多く用意することが可能だからです。

でも欲しいものは、そんな日常品じゃない

高額なものは提供数が少なく、当選率が低い。
低価格なものは提供数が多く、比較的当選しやすい。
それが懸賞の真実です。

でも、日常のスーパーで手軽に買えるものが当選するよりも、なかなか手が出せない高額なものが当選した方が嬉しいに決まっていますよね。
どうしても高額な商品を狙いたい人は、めげずにどんどん応募するしかありません。
でも、「とりあえず懸賞品に当選して、商品をもらう喜びを味わいたい」という人には、地元が提供する懸賞に目を向けてみるのが一番効率がいいと思いいます。
地元の情報誌や、フリーペーパーなどをチェックすると、懸賞コーナーが見つかるはずです。

地元が提供する懸賞品は、それほど高価なものは提供されていません。
ですが、地元の飲食店の食券や、映画の割引チケット、地元のレジャー施設の入場券など、とても使いやすい商品が提供されている事がよくあります。
それに、地元情報誌は地元の人が目にするものなので、全国各地から応募する懸賞とは違い、応募者数もかなり少なくなります。
応募者数が少ないと、当選確率がぐんと上がります。
毎月当選することも夢ではありません。